シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gnuplot ω~とっておきのプレゼント~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ωの先端に丸が二つ

そこの若い女人よ。悪いことは言わない。今すぐ立ち去るがよい。
ここから先は獣があふれておる。
まだ、立ち去らぬか。
よいか、ここはそなたのような清らかな人間の来るところではない。
別の記事を読んでください(cute term generator)

ここまで忠告してもなお読みたいというならば仕方ない。
心して読むがよい \(\left({\bf v}\cdot \nabla\right){\bf v}\) 。

さて、残った男子諸君と一部の好奇心旺盛な女子たちよ。
君たちには、私からとっておきのプレゼントをあげよう。
gnuplot で\(\omega\)を描くのだ。

gnuplotって何?

理系ならば一度は触れたことがあるであろう、gnuplot。
フリーのグラフ描画ソフトにして実は色々できる1、非常に優秀なソフトである。

ダウンロードはこちら
インストールから基本的な使い方の解説はこちら(近日掲載予定)。

gnuplotで\(\omega\)を書く

ではさっそく、\(\omega\)を描いていこう。
まずは以下のファイルをダウンロードしてほしい2

一旦、ダウンロードというフォルダにダウンロードしよう。
Windowsの人は窓4つのマークとxを同時押ししてからiキーを押ししてpowershellを起動してほしい。

Windowsキーとxキーを同時に押してから、iキーを押す

cd Downloads;gnuplot.exe

と打ってエンターを押してみてほしい。
するとgnuplotが立ち上がる。
そうしたら

load “omega.txt”

と入力し、エンターを押してみてほしい。以下のような画像が出たと思う。

\(\omega\)が書けた!

おめでとうございます。gnuplot で\(\omega\)が描けましたね!
これはあくまで\(\omega\)です。

この画像が何に見えるかはみなさんの想像しだいですが、
私は自発的対称性の破れを思い出します。
これが何かを知りたい人は大学で物理に進んでください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はgnuplotで\(\omega\)を描いてみました。
先ほどのスクリプトを色々変えて遊んでみるもよし、画像で遊んでみるもよし。
好きに使ってください。
また、gnuplot関連の記事は他にも書いています。
割と真面目なやつも書いているのでぜひ読んでみて下さい!!

もっとこんなことを記事にしてほしいなどのご要望がありましたら、このページ上部のお問い合わせフォームまたは下部のコメント欄からご連絡いただくか、以下のメールアドレスでもお待ちしております。

tsunetthi(at)gmail.com

(at)の部分を@に変えてメールをお送りください。

  1. グラフ描画はもちろんのこと、データフィット・グラフのアニメーション作成などもできる
  2. なんかセキュリティの関係とやらで、.pltファイルがアップロードできなかったので.txt形式にしてある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする